新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「冷静と情熱の間」辻仁成 レビュー



 「冷静と情熱の間」


内容(「BOOK」データベースより)
あのとき交わした、たわいもない約束。10年たった今、君はまだ覚えているだろうか。やりがいのある仕事と大切な人。今の僕はそれなりに幸せに生きているつもりだった。だけど、どうしても忘れられない人、あおいが、心の奥に眠っている。あの日、彼女は、僕の腕の中から永遠に失われてしまったはずなのに―。切ない愛の軌跡を男性の視点から描く、青の物語。



レビュー

ドラマが結構話題作っぽかったので
読んでみたのですが

文体のせいか、オシャレすぎるのか
えー、なんかありえん。
っておもってしまったら、なんか読めなくなった。

外国のイメージが湧かない自分が悪いのだろうか。
でも、だらだらとした感じも終始な気がします。


全く感情移入できませんでした。


自分の評価
★☆☆☆☆


にほんブログ村 本ブログへ




スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。