新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「弥勒の手」 我孫子武丸 レビュー



「弥勒の手」我孫子武丸


内容(「BOOK」データベースより)
愛する妻を殺され、汚職の疑いをかけられたベテラン刑事・蛯原。妻が失踪して途方に暮れる高校教師・辻。事件の渦中に巻き込まれた二人は、やがてある宗教団体の関与を疑い、ともに捜査を開始するのだが…。新本格の雄が、綿密な警察取材を踏まえて挑む本格捜査小説。驚天動地の結末があなたを待ち受けます。


レビュー


妻が失踪し、過去に教え子と関係を持ってしまった教師。
愛する妻が殺された汚職刑事。
そこには新興宗教の影が・・。
二つの視点で交互に時間が進む叙述ミステリー。

二人の妻が失踪した陰には新興宗教の影。

なぜ、妻は失踪したのか。
なぜ、妻は殺されたのか。

この二つの謎が最後に解き明かされるトリックは、
やられたっといった感じですが、
正直ちょっと薄っぺらい感じがします。

その理由はネタばれになりそうなので、
語りませんが、結局そのままというか、
刑事と教師のキャラクターや、
事件における動機。

そういったものに、魅力があまりなないのかな。

自分の評価
★★★☆☆

にほんブログ村 本ブログへ


スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

「殺戮にいたる病」我孫子武丸 レビュー



我孫子武丸 「殺戮にいたる病」




内容(「BOOK」データベースより)
永遠の愛をつかみたいと男は願った―。東京の繁華街で次々と猟奇的殺人を重ねるサイコ・キラーが出現した。犯人の名前は、蒲生稔!くり返される凌辱の果ての惨殺。冒頭から身も凍るラストシーンまで恐るべき殺人者の行動と魂の軌跡をたどり、とらえようのない時代の悪夢と闇を鮮烈無比に抉る衝撃のホラー。



レビュー

最後にびっくりしたい人は読んでみる価値アリです。

そして、18歳未満は読まないほうがいいです。
なんでかって?

えぐーいー。
超エグイ。

読んでいて気分がよくはないわな。
猟奇殺人の描写が。


ラストの展開はえー!?って
えー!?って何度かページ戻ってえー!?って感じ。

ちょっと無理あんじゃねぇかと思うけど。
よめなかったから良しとしよう。


自分の評価
★★★★☆



にほんブログ村 本ブログへ






テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。