新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「アルジャーノンに花束を」ダニエルキイス レビュー




ダニエル・キイス 「アルジャーノンに花束を」



内容(「BOOK」データベースより)
32歳になっても幼児の知能しかないパン屋の店員チャーリイ・ゴードン。そんな彼に、夢のような話が舞いこんだ。大学の偉い先生が頭をよくしてくれるというのだ。この申し出にとびついた彼は、白ネズミのアルジャーノンを競争相手に、連日検査を受けることに。やがて手術により、チャーリイは天才に変貌したが…超知能を手に入れた青年の愛と憎しみ、喜びと孤独を通して人間の心の真実に迫り、全世界が涙した現代の聖書(バイブル)。



レビュー

最初の読みづらさに何回か断念しそうになった。
チャーリーの日記形式は斬新ですが
読んでるとねむくなります。
(最初のほうのページを見たらわかります。)



知的障害者が脳手術で天才に変わっていく。
一体幸せとはなんなんだろうか。

考えさせられるし、泣きそうになる。


でも、最初が残念でした。


自分の評価
★★★☆☆


にほんブログ村 本ブログへ


スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。