新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「絶望ノート」 歌野昌午 レビュー



「絶望ノート」歌野昌午


内容(「BOOK」データベースより)
いじめに遭っている中学2年の太刀川照音は、その苦しみ、両親への不満を「絶望ノート」と名づけた日記帳に書き連ねていた。そんな彼はある日、校庭で人間の頭部大の石を見つけて持ち帰り、それを自分にとっての“神”だと信じた。神の名はオイネプギプト。エスカレートするいじめに耐えきれず、彼は自らの血をもって祈りを捧げ、いじめグループ中心人物の殺人を神に依頼した。「オイネプギプト様、是永雄一郎を殺してください」―はたして是永はあっけなく死んだ。しかし、いじめはなお収まらない。照音は次々に名前を日記帳に書きつけ神に祈り、そして級友は死んでいった。不審に思った警察は両親と照音本人を取り調べるが、さらに殺人は続く―。


レビュー

思わず図書館で題名借りしてしまった作品です。
タイトルがかっこいいですね。
「絶望ノート」
タイトル通りのダークな出だしです。

ジョン・レノンを崇拝する父親 トヨヒコ
経済的に困り、お金のことばかりの母親 ヨーコ
陰鬱ないじめにあっていることをノートに記す息子 照音(ショーン)

ストーリーは照音の書く日記
「絶望ノート」に綴られた言葉で描かれる。
とにかく絶望ノートに記される陰惨ないじめの描写には
すごく嫌な気持ちになる。
まぁ、毎日毎日とにかくいじめられる。

そして、物語は照音が拾ってきた石を
「オイネプギプト」と呼び、イジメの相手への
恨みを込めて、祈るのである。

すると、イジメていた人間に次々と不幸が・・・

日記を読んでしまった母親や
イジメを疑いもしない担任教師、
親身になってくれる副担任など、
多くの人を交えて、伏線の張られたストーリーは
意外な方向へと向かう。

とにかく、陰惨なイジメの描写には
嫌な気持ちになるし、なんてひどい奴が多いんだと思わされる。
終盤にかけて、さまざまな仕掛けが紐を解き、
まんまと読み手は驚かされる。

しかし、小説をよく読む人間だと分かるかな。
僕は読み始めから、もしかして、、、
と思ってしまっていたので
結末はある程度想定内であった。

うまく騙された人は非常に面白いと思います。

自分の評価
★★★☆☆


スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

「世界の終わり、あるいは始まり」 歌野晶午 レビュー



「世界の終わり、あるいは始まり」 歌野晶午


出版社/著者からの内容紹介
東京近郊で連続する誘拐殺人事件。事件が起きた町内に住む富樫修は、ある疑惑に取り憑かれる。小学校6年生の息子・雄介が事件に関わりを持っているのではないかと。そのとき、父のとった行動は…。衝撃の問題作。


レビュー

連続誘拐殺人事件。
それに自分の小学校六年生の息子が関与しているかもしれない。。

現在一児の息子(1歳7カ月ですが)を持つ父親として、
すごく感情移入できる導入部でした。

色々と関与の可能性が考えられるものが、
息子の部屋から出てくる。

その時、父親としてどのような対応をするか?
何パターンもイメージして、展開を考えちゃいますね。

それにしても、この小説の一番の見どころは(読みどころ?)
中盤ですね。

本当に息子が関与しているのか?
そんなドキドキから一転。。。

えーー!?

そんな展開!?っという感じです。
ただ、その後は、あーそうだろうね。
そうだよね。
というような、一種の慣れみたいなものですね。

それでも、自分の息子と重ね合わせて、
自分だったらと考えされられる小説だと思います。


自分の評価
★★★★☆

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

「葉桜の季節に君を想うということ」歌野晶午レビュー



歌野晶午 「葉桜の季節に君を想うということ」



内容(「BOOK」データベースより)
「何でもやってやろう屋」を自称する元私立探偵・成瀬将虎は、同じフィットネスクラブに通う愛子から悪質な霊感商法の調査を依頼された。そんな折、自殺を図ろうとしているところを救った麻宮さくらと運命の出会いを果たして―。あらゆるミステリーの賞を総なめにした本作は、必ず二度、三度と読みたくなる究極の徹夜本です



レビュー

騙されたなー。
そういうオチかと。


友達から、最後の最後で驚かされるから
と言われていたのですが、


確かに・・・


そしてハードボイルドです。
ハードボイルドすぎます。

まぁ、でも強引だなー

自分の評価
★★★☆☆


にほんブログ村 本ブログへ


テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。