新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「臨場」 横山秀夫 レビュー



「臨場」横山秀夫


内容(「BOOK」データベースより)
臨場―警察組織では、事件現場に臨み、初動捜査に当たることをいう。‘終身検視官’の異名を持つ倉石は、他の者たちとは異質の「眼」を持っていた。‘終身検視官’、死者の人生を救えるか―。組織と個人、職務と情、警察小説の圧倒的世界。


レビュー


自殺か他殺か?
初動捜査で検視をする倉石。
細かい現場検証で、他の人間には見えない部分を見抜く。

一見他殺に見えるもの、自殺に見えるもの。
その判断だけでなく、仲間の心も良く見えている。
ぶっきらぼうに見えるが、情を感じる部分もある。

一話一話完結で読みやすく、
鋭い鑑識で、すべてを見抜く。

「校長」と呼ばれ、崇拝される所以。
確かに倉石の魅力が詰まっています。

続編があれば読みたいです。
それは難しいとは思いますが。。。


自分の評価
★★★★★


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

「半落ち」横山秀夫 レビュー



横山秀夫 「半落ち」

内容(「BOOK」データベースより)
「妻を殺しました」。現職警察官・梶聡一郎が、アルツハイマーを患う妻を殺害し自首してきた。動機も経過も素直に明かす梶だが、殺害から自首までの二日間の行動だけは頑として語ろうとしない。梶が完全に“落ち”ないのはなぜなのか、その胸に秘めている想いとは―。日本中が震えた、ベストセラー作家の代表作。




レビュー

感動するって噂だったから、
期待し過ぎたかなぁ。

二日間の謎の行動については、
なんでなんでと思わせる文章は流石。

結末にはなるほどーって感じだったけど、
感動!!ってまではいかなったな。

最終的に読み終わってみると、
自分にはそんなにインパクトがなかった。



自分の評価
★★★☆☆


にほんブログ村 本ブログへ





テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

「出口のない海」横山秀夫 レビュー




横山秀夫 「出口のない海」


内容(「BOOK」データベースより)
人間魚雷「回天」。発射と同時に死を約束される極秘作戦が、第二次世界大戦の終戦前に展開されていた。ヒジの故障のために、期待された大学野球を棒に振った甲子園優勝投手・並木浩二は、なぜ、みずから回天への搭乗を決意したのか。命の重みとは、青春の哀しみとは―。ベストセラー作家が描く戦争青春小説。



レビュー

人間魚雷 回天 
自分の命を賭してまでも、
守らないといけないと思えるものが僕にはあるだろうか。

嫁と子のためなら、、


100%生きて帰れない状況で特攻していく気持を
うまく描いていると思う。


自分の評価
★★★★☆


にほんブログ村 本ブログへ

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。