新米パパの本音レビュー
読んだ本、育児、小遣い稼ぎ等を勝手に本音レビューしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「卒業」 重松清 レビュー



「卒業」 重松清 


内容(「BOOK」データベースより)
「わたしの父親ってどんなひとだったんですか」ある日突然、十四年前に自ら命を絶った親友の娘が僕を訪ねてきた。中学生の彼女もまた、生と死を巡る深刻な悩みを抱えていた。僕は彼女を死から引き離そうと、亡き親友との青春時代の思い出を語り始めたのだが―。悲しみを乗り越え、新たな旅立ちを迎えるために、それぞれの「卒業」を経験する家族を描いた四編。著者の新たなる原点。


レビュー

四作からなる短編小説。
色んな意味での卒業を描いている。

「まゆみのマーチ」は
母親の死に目に立ち会う息子と娘。
昔を回想しながら、母の死を待つ二人。
こんな母は嫌だな、だけどこんな母はいいなと
思わさせてくれる。

「あおげば尊し」は
父親の死を目前にした息子。
二人とも教師で、死に対する教育を描く。
父親の貫いてきた信念と
息子の父親への想いが苦しい。

「卒業」は
自殺した父親の娘が、
父親の親友に会って、父親のことを知ろうとする。
娘と父親の親友の複雑な心境を描いている。

「追伸」は
息子と義理の母親の話。
作家になった息子が、エッセイの中で
母親についての嘘をついてしまう。


どの話もも30代から40代の男目線。
両親や親友といった人間との
複雑な心理や感情をリアルに描いている。

そして、どの話も途中ものすごく胸が苦しくなる。
酷いことを言ったり、したり。
でも、そうしてしまう気持ちが酷く理解出来たりする。
感情がリアルに表現されてるんだな。


自分の中では「追伸」と「まゆみのマーチ」が秀逸。

最後はある意味での卒業が描かれ、
少しほっとする。
涙がでる。
そんな小説です。


自分の評価
★★★★☆
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

「青い鳥」 重松清 レビュー



「青い鳥」 重松清


内容(「BOOK」データベースより)
村内先生は、中学の非常勤講師。国語の先生なのに、言葉がつっかえてうまく話せない。でも先生には、授業よりももっと、大事な仕事があるんだ。いじめの加害者になってしまった生徒、父親の自殺に苦しむ生徒、気持ちを伝えられずに抱え込む生徒、家庭を知らずに育った生徒―後悔、責任、そして希望。ひとりぼっちの心にそっと寄り添い、本当にたいせつなことは何かを教えてくれる物語。


レビュー

生徒の目線から描いた短編小説。
重松清の得意のパターンです。

各短編とも非常勤講師の村内先生を客観的に描いている。
吃音(言葉がどもってしまう)村内先生。
言葉がうまく話せないから、
「たいせつなこと」しか話さない。

各短編の主人公は、
みんな何かに思い悩んでいる。
そして、自分はひとりぼっちだと思いこんでしまっている。
村内先生はそんな生徒たちの「そばにいる」こと
「たいせつなこと」を伝えることで、
生徒の気持ちが少しずつ変わっていく。

印象に残った言葉がいくつかあります。

「正しくなくてもたいせつなことだって、あるんだ。
でも、たいせつじゃない、たいせつなことは絶対ないんだ。
どんなときでもたいせつなんだ。
中学生でも高校生でも。おとなでも子どもでも」

「ひとりぼっちが二人いれば、それはもう、
ひとりぼっちじゃないんじゃないか」

「あのなあ、人間はなあ、おとなになる前に、
下の名前で、た、たくさん呼ばれなきゃいけないんだ。」

きっと読んだ人であれば、他の言葉も含め、
ジンときたはずです。

中学、高校の多感な時期の生徒の心情も
よく描かれていて、変わっていく様子が
どの短編もとても気持ちがいい。

特に最終編「カッコウの卵」は
迂闊にも電車で読みながら、少し涙がでました。

老若男女問わず、是非読んでもらいたい小説です。

自分の評価
★★★★★




テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

「疾走」重松清 レビュー


「疾走 上」 重松清

内容(「BOOK」データベースより)
広大な干拓地と水平線が広がる町に暮す中学生のシュウジは、寡黙な父と気弱な母、地元有数の進学校に通う兄の四人家族だった。教会に顔を出しながら陸上に励むシュウジ。が、町に一大リゾートの開発計画が持ち上がり、優秀だったはずの兄が犯したある犯罪をきっかけに、シュウジ一家はたちまち苦難の道へと追い込まれる…。十五歳の少年が背負った苛烈な運命を描いて、各紙誌で絶賛された、奇跡の衝撃作、堂々の文庫化。





「疾走 下」 重松清


内容(「BOOK」データベースより)
誰か一緒に生きてください―。犯罪者の弟としてクラスで孤立を深め、やがて一家離散の憂き目に遭ったシュウジは、故郷を出て、ひとり東京へ向かうことを決意。途中に立ち寄った大阪で地獄のようなときを過ごす。孤独、祈り、暴力、セックス、聖書、殺人―。人とつながりたい…。ただそれだけを胸に煉獄の道のりを懸命に走りつづけた少年の軌跡。比類なき感動のクライマックスが待ち受ける、現代の黙示録、ついに完結。


レビュー

表紙絵がものすごい印象的で
読んでみたかった本です。
正直ホラーだと最初おもってました。

重松清の作品は何冊か読んでまして、
お父さんのアットホーム的な、
家庭における痛みと温かみのある本のイメージでしたた、

この小説は表紙絵の通りでした、
走るしかない主人公。

家庭や学校に苦しみ、ひたすら走る。

重すぎます。。

ちょっと気持ちも滅入ってきます。

でも何か心にずっしりと残る、、かもしれません。


自分の評価
★★★☆☆

にほんブログ村 本ブログへ

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

「とんび」重松清 レビュー



「とんび」 重松清



内容(「BOOK」データベースより)
つらいときは、ここに帰ってくればいい。昭和37年、ヤスさん28歳の秋、長男アキラが生まれた。愛妻・美佐子さんと、我が子の成長を見守る日々は、幼い頃に親と離別したヤスさんにとって、ようやく手に入れた「家族」のぬくもりだった。しかし、その幸福は、突然の悲劇によって打ち砕かれてしまう―。我が子の幸せだけを願いながら悪戦苦闘する父親の、喜びと哀しみを丹念に描き上げた、重松清渾身の長編小説。


レビュー

息子が生まれたばかりの
わたくし「新米パパ」としては
共感するところの多い小説でした。

今思っていること、将来思うであろうこと。
親と子の成長と自立が描かれています。

まだ小さいので、わからない思春期の息子や
大人になった息子。

どんなことがあっても親と子は親と子なんだと
思わせてくれる温かさと
親と子だからこそ気持ちがすれ違う哀しさ。

息子よ。
仲の良い親子であろうな。


自分の評価
★★★★☆


にほんブログ村 本ブログへ


テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

「きみの友だち」重松清 レビュー



「きみの友だち」 重松清


内容(「BOOK」データベースより)
わたしは「みんな」を信じない、だからあんたと一緒にいる―。足の不自由な恵美ちゃんと病気がちな由香ちゃんは、ある事件がきっかけでクラスのだれとも付き合わなくなった。学校の人気者、ブンちゃんは、デキる転校生、モトくんのことが何となく面白くない…。優等生にひねた奴。弱虫に八方美人。それぞれの物語がちりばめられた、「友だち」のほんとうの意味をさがす連作長編。



レビュー

「きみ」の話をしよう 
と誰かの視点で「きみ」の友達について語られる。
短編ごとに「きみ」は変わり、一つの長編小説になっています。

いろんな友達の形がある。
なんか薄っぺらいなという友だち
そんな友だちがほしいと思えるような友だち
俺とあいつはそんな友だちだなと思えるような友だち。


友だちってなんだろう?


正解なんてない。
不正解もない。

でも、友だちってそういうもんだよな。
って思わせてもらえるところがたくさんありました。


自分の評価
★★★★★


にほんブログ村 本ブログへ


テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

copyright © 2017 新米パパの本音レビュー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。